この時期になると事務所にやって来ます。

シロアリさん。

玄関の周りをウロウロ、ウロウロしてはります。

 

このシロアリはヤマトシロアリです。

羽アリです。

飛んで来て、自分で羽をちぎってウロウロしています。

 

シロアリですがこのシロアリは白くないです。

シロアリにもヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリなど種類があります。

 

はじめ発見した時、事務所から発生したのかと大変焦りました。

調べていくと、どうやらどこかから飛んで来てるみたいです。

 

お家を建てる時に防蟻防腐処理をするのですが、

効き目は5年でなくなります。

その後は再処理をする必要があります。

 

やはり、家を長持ちさせるためにはシロアリ対策も絶対必要に

なってきます。

しかし、5年で効き目が無くなることをどれくらいのお客様がしっているでしょうか?

5年が経ち、そのままにしておくと危険にさらされている状態です。

 

シロアリが5年目以降やってきた場合、お家の木部を食べられてしまう

可能性があります。

これが、花壇の食べれられたしまった杭です。

 

そこで、しっかりと5年ごとに再処理をしなければなりません。

薬剤を塗布することが一般的ですが、アティックワークスでは薬剤ではなく

「ホウ酸」という天然素材を使用しています。

ホウ酸は効果が低下しませんので再処理が不要です。

新築では、最初からホウ酸で防蟻防腐処理をしています。

既存のお家では薬剤が使われていますが、

再処理を行う時は薬剤ではなく、ホウ酸をお勧めさせていただきます。

これは新築時の処理のやりかたです。

既存のでは床下に潜って処理をしていきます。

 

 

そんなホウ酸についてはまた、次回。

 

 

 

 

 

東大阪で省エネで高性能住宅を設計施工するアティックワークス。

「未来に繋がる住まい」を提案しています。